株式会社Diletto
代表取締役 深瀬 和夫

ダメダメな二代目がコンテスト出場がきっかけでやる気になった理由ってなんですか?

画像をクリックで動画再生

両親に甘やかされ、車のレースに明け暮れた時代の先に見たもの

深瀬さんは父親が理容師、母親が美容師という環境で育たれました。高校を卒業すると自然と理容師の専門学校へ進学し、ご実家のお店を手伝っておられました。しかし、二代目という甘えもあり、仕事に今一つ身が入らない日々が続きます。ある時知り合いから「コンテストに出場しないか」という誘いがあり、そこから人生が回り始めました。

Q コンテストに出て感じた事、動き始めた事を教えて下さい

初めてコンテストに出たのは28歳の時で、それまでのスキルもそれなりにあるので楽勝だと思って軽い気持ちで参加しました。ところが結果は惨敗。自分より一回りも若い子の方が技術が上だという事実に、頭をハンマーで殴られたような気がしました。その後16年間コンテストに出続けることで、技術も上がりましたし、お客様にも来ていただけるようになりました。

このことがきっかけで、仕事に打ち込めるようになりました。しっかりと店に入り込むと、経営状態が見えてきたり、方向性の事で父親と意見が合わない事も出てきました。しかし、父親が大病をしたときに、押さえつけるのではなく立てることが必要だと悟りました。それから昨年父が亡くなるまでは上手くやっていけたと思っています。コンテストに出続けた事、父親と上手くやれたことで経営も立て直すことが出来ました。

今は父が残してくれたこの店を守っていきたいと思っています。

Q 男性専用サロンにした理由

ユニセックスの店は上手くいかない、というアドバイスもあり、専用にして男性の方がリラックスできる落ち着いた雰囲気の店を作りたかったんです。

でも「散髪屋」ではなくお洒落な感じでないと今の若い人には来ていただけないので、父親がやっていた時の「散髪屋」からイメージを替え、家を建て替えて店を新装オープンました。その時は今風の「カジュアル」をコンセプトにしましたが、店名は「Fukase」のままでした。
2年前の改装は、敷居が高くても良いので「高級店」をコンセプトに改装しました。店内は私の趣味のものを飾るスペースもたっぷり作ったので、店名もイタリア語で趣味、という意味の「Diletto」に変更しました。

外から中が良く見えるので、顔を洗っているところを外から見られいるのが嫌でシャンプー台も移動式のバックタイプにしたり、どの角度からでも明るく見える照明など細部にもこだわりました。席数も3席と少なめにし、男だけの空間で気を遣わずに会話も弾むんです。

Q これからの目標を教えて下さい

2022年4月から、株式会社Diletto として法人化を行いました。

若いスタッフを多く入れて、落ち着いた中にも賑やかな雰囲気のお店にしたいと考えています。私は一線を退いて、と言っても施術は行いますが、若返りを進めたいですね。若いスタッフたちもコンテストで優秀な成績をおさめていますので施術には自信があります。

今後の目標は、神戸で一番有名な店にしていきたいです。

多趣味が故にお客様へのアピールがハンパない!!

お店に入る前から目に入るのが、壁に掛けられたロードバイクです。あれ?ここ理容室?間違ったかな?と帰りかける方もおられるとか。それほど綺麗にディスプレイされているからこそ、お洒落な店内に負けない存在感なのです。ロードバイク関連のグッズがほとんどですが、よく見るとゴルフ用品、工具箱(笑)なども。

ロードバイクはお客様と一緒に走りに行くこともあるそうです。アワイチ(淡路島一周)には当社社長の高橋もご一緒させて頂いたとか。ビワイチ(琵琶湖一周)も制覇されているので、今年はしまなみ海道にチャレンジしたいそうです。今年はコロナが落ち着いて行けるといいですね!

ロードバイクに興味のある方、是非一度足をお運びの上、オーナーをご指名ください(笑)

株式会社Diletto 深瀬 和夫さん、ありがとうございました!

名称:株式会社Diletto『Diletto men’s salon』
業種:男性専用ヘアサロン(理容室)
住所:兵庫県神戸市西区南別府2-2-13

営業時間:9:00~19:30(最終受付カット19:00/パーマ・カラー18:00)
定休日:毎週月曜・第2、3火曜 
御予約・お問合せ:HOT PEPPER Beauty
Instagram Facebook

インタビュー動画

≪ 専門家一覧へ  次へ ≫

ページの先頭へ